個性って、なんなんだろうか

昨今、たまたまこういうことを考えます。考えってなんだろうと。ほとんどの人は、幼稚園や保育園から、小・内輪・高・キャンパスと学校に通うというレールの上を歩いてきたと思いますが、その中では当然掟がありました。全部おんなじ時間に研修を受け、おんなじ制服を着るというように日本では秩序という名目でやつを一体化する特色があると感じています。数字においては、一つのコースに特化した学生よりも、全体的にすっかりできる学生の方が、抜群と評価される傾向にあります。そうすると、とすれば、アートや工作に優れていても、国語や算数ができない子供は劣等中継なのかと考えてしまいます。ひいては、相応しいキャンパスや、嬉しい店頭に入ることが繁栄だと考える風潮にあるが、千差万別ビジョンが違うように、人によって「好ましい」の定義は異なっていいんじゃないかとも思います。そういう点を考えると、団結を重んじる傾向にある日本では、肩身の小さい思いを通じて、評価されずに耐える人が多いんじゃないかと気になりました。団結が重んじられ、千差万別の彩りが出しにくい、考えってなんなんだろうか。任意整理を弁護士に依頼される方はコチラへ