最近のマスコミは、背景のわからない事項ばかり報道したがる

最近の連絡や国会中継を見ていると政治住居が非常に些細な事で、紛糾やることが多いなという感じがします。
本当は野党が、政府の行き過ぎを監視して正しく国会を起動させなければいけないのに、やる事項というと揚げ足受けとりで兎に角自分達の事を棚に上げ人の政権を追い落とすことばかり考えているような気がします。
普通の世界中だと、野党が大事って感じるけどこうなると必ずや野党って何やるんだろうって思ってしまう。
しかるに、媒体といえばそういった野党の言動を批判する事はしません。どういう些細な事も重箱の片隅をつついたようなレビューはするのに、ちゃんとこの辺は通信やるというのは私だけじゃないでしょう。
ぐっと通信しなければいけない事はたくさんあるというのに、ちょっとした問題でその時話題になっている事項ばかり騒いでいるので大いに、これは問題があると思います。
バランスの取れた通信と一体全体考えなければいけない障害を媒体には心がけてほしいと思いますね。民事再生は弁護士に聞いて初めて知りました